薬剤師国家試験に合格するの無理だと思ったら読むブログ

薬剤師国家試験の勉強をしていて、もう無理だとかもう駄目だと思ったらこの記事を読んでほしい。

過去記事へのリンクをいくつか貼った。
いろいろな悩みに対する処方箋である。
自分に必要な記事を読んでほしい。
参考になったら幸いである。

第104回薬剤師国家試験の難易度はおそらく低い。

まずは、思い出してほしいのは、
現役生も、浪人生も、社会人も
今年合格するしか選択肢はないということ。
なぜなら今年の第104回薬剤師国家試験は、
来年の第105回薬剤師国家試験より簡単であることが明白だからだ。
以前にも書いたが、今年から禁忌肢が追加される。
問題形式が変わる年は簡単になるのだ。
メタ視点でもって今年の薬剤師国家試験を見ると、
今もうちょっとだけ頑張ろうかという気にならないだろうか。
104回薬剤師国家試験はおそらく合格者が多い
今年合格しないと来年は難しくなる。

どんなに頑張っても壁を破れない期間が存在する

成績がなかなか上がらないから、暗い気持ちになるのだろうか。
ある程度成績が上がるとなかなか成績が上がらなくなるだろう。
だが、その壁を破ると一気に世界が開ける。
もう少し勉強をしてみよう。
成績は階段状に上がるということ

今からの勉強では間に合わない?

今まで全然勉強してこなかったから、
今からでは薬剤師国家試験に間に合わないと悲観している?
そんなことはないはず。勉強内容を必要最小限にまで絞れば十分に間に合うはずだ。
勘で解けた問題はもう復習しない
点数感覚を身につけて1日2点上げる
社会人でも年明けから合格可能

点数感覚の話と社会人でも薬剤師国家試験に合格可能という話は特に力を入れて書いたつもりである。読んでいただけたら幸いだ。

苦手科目が全然進まない?

苦手科目は本当にその科目全体のことが苦手なのだろうか。
アプローチしやすい分野があるのではないだろうか。
手を出しやすいところから手を付けてみよう。
どこの何が苦手なのだろうか。明確にしてみよう。
そうして、頑張ってどうしても暗記ができないものはもう努力しなくてよい。
諦めて紙に書いて試験会場に持っていこう。
薬剤師国家試験の最中の休み時間に確認するのだ。
さすがに試験開始直前に見た内容は忘れないだろう。
暗記しないという裏技

最後に

どうしても暗い気持ちが晴れないなら息抜きするのもいいし、
休むのも大切である。
息抜きは生活と直結したものを
もう駄目と腐らずにあと少しだけ勉強を続けてみよう。
きっと成果が出るはずである。
ではまた明日。

友達にシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする